銀座のクラブについて

年齢の制限はある?銀座のクラブではどんな人が働いているのか

銀座のクラブで働く女性は25〜30歳前後が多い

ホステスとして働く資格を考えるとき、年齢が気になる女性もいるかもしれません。
若い女性も、あるいは一定の年齢以上の女性も、自分が銀座のクラブで働く資格があるのかを考える人は必ず出てくるでしょう。

特別な年齢制限を設けているお店はありませんが、銀座のクラブで働く女性は25歳から30歳前後であることが多いです。ママと呼ばれる、ホステスをまとめる役割の女性を除き、この年齢層の割合が最も多いため、需要もそこにあると考えることができます。

ただ必ずしも、25歳から30歳前後でなければホステスが務まらない、雇ってもらえないというわけでもありません。
人それぞれ資質や容姿などは異なりますし、能力次第ではこうした中心となる年齢層や需要の高い年代以外の女性でも、銀座のクラブで働ける可能性を持っているのです。

あくまでも一つの目安であり、そうした傾向が強いと考えておくといいでしょう。
また、この年齢層に当てはまっている女性であれば、積極的にホステスになることを考えてみてもいいのかもしれません。

年齢が若すぎる上に未経験だとかえって大変な可能性が高い

ホステスとキャバクラ嬢は異なります。仕事内容だけを見れば重なる部分や似た要素は確かにありますが、そのクオリティーやレベルといった点で見ると、かなりの違いがあると言ってもいいでしょう。
キャバクラ嬢であれば、20歳前後の女性でも十分に務まりますし、有名店でNo.1の売り上げを出すことも可能です。しかし、銀座の高級クラブのホステスとなると、その年代で多くの顧客を抱え売り上げを上げていくのは、少し難しいのではないでしょうか。

若い女性が好きな男性は、クラブのお客様にも少なからずいます。ですが、銀座の高級クラブに出入りする男性は、若さや容姿のみを求めているわけではありません。
知性や教養、そこから生まれる会話にこそ価値を見出しているため、それを持たないホステスはすぐに飽きられてしまう可能性が高いのです。

例えば、10代の女の子が未経験でホステスとして働き出したとしましょう。物珍しさから最初は注目を浴びるかもしれませんが、お客様との会話や価値観が合わず、そうなればお客様も他のホステスに興味を移すでしょうし、女の子自身も苦労することになるはずです。
未経験であっても社会経験などを積んでいれば対応できるかもしれませんが、年齢が若過ぎると、こうした点で思うように接客ができない可能性があることは知っておきたいところです。